選択

新たなファン層の開拓へ、進化し続けるシンガポール・ターフ・クラブ

競馬予想シンガポールのカジノ – 42866

リゾートワールド・セントーサ RWS が、年2月4日に最初のカードを配った瞬間から、シンガポールの統合型リゾートは、世界のゲーミング市場をリードしてきた。RWSとマリーナベイ・サンズ MBS は、IRデザインと運営に関する新基準を確立し、親会社のゲンティン・シンガポールとラスベガス・サンズに驚異的な利幅で巨大な利益を届けている。

マレーシア ギャンブル 競馬

シンガポールの観光名所マリーナベイ・サンズのカジノをご堪能いただき、シンガポール競馬を生観戦。 その他シンガポール競馬で調教師をなさっている高岡調教師を交えての会食など、 他では決して体験できないスペシャルな企画をご用意いたしました。 昼食は、日本人でシンガポール競馬のLaxon厩舎の調教助手をなさっている飯塚先生にもご同席いただき、オーチャード駅からすぐの最高級ホテル「Goodwood Park Hotel 」内のレストランにて、飲茶をお召し上がりいただきました。 シンガポール競馬と日本との違いの一つに、4連単・4連複という賭け式があります。 4連単は的中者がいない場合、キャリーオーバーとなります。 キャリーオーバー後のレースは配当も倍増しますので、お客様達に「買わない」という選択肢はありません。 また、シンガポールでは、香港競馬・マレーシア競馬も購入することができ、SAGEROOM内ではそれぞれのレースの映像も流れております。 皆様、各国の馬券を積極的に購入していらっしゃいました。 この日は日本人でシンガポール競馬にて活躍されている高岡調教師の「Lion Barows」と、昨日のお昼にご一緒させていただいた飯塚先生の所属されているLaxon厩舎の「Jappanella」が6レースに出走するため、希望者だけでコースまで下りて応援に行きました。

馬券が買える!レースが観れる!地方競馬を楽しむならオッズパーク

来日中の米カジノ運営大手、 ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands) CEOのシェルドン・アデルソン(Sheldon Adelson)氏は、カジノ解禁に近づく日本市場は、国際会議場や大規模イベント施設を軸とする統合リゾート(IR)に「最高の地」であると、都内で開かれたセミナーで強調。競輪や競馬、パチンコなどのギャンブルが根付いている日本の風土を理由の1つにあげた。 日本のカジノ構想が現実味を帯びてきた今、世界のカジノオペレーターは新たな市場の創設に向けて鼻息が荒い。カジノを含むIRの整備推進を目的とした 推進法案 が年に可決、成立し、政府は1年以内をめどに、実施法案を策定する方針だ。大阪と横浜、北海道、東京などが最有力候補地とする見方も聞かれる。 同社の子会社で、シンガポールのカジノリゾートを運営する マリーナベイ・サンズ のジョージ・タナシェビッチ(George Tanasijevich)社長は昨年、本社のサンズが日本に億ドル(約1兆億円)規模の投資を計画していることを明らかにしている。ラスベガス・サンズは、シンガポールやマカオ、ラスベガスでカジノリゾートを運営し、年間億ドル以上の収益を稼ぐ。 大阪湾の人工島、夢洲(ゆめしま)をカジノを中心とする統合型リゾート(IR)の建設候補地にあげている大阪府は、経済政策としてのIR構想に対して積極的だ。松井一郎・府知事は1月、BUSINESS INSIDER JAPANとの インタビュー で、「今年中にIR実施法(カジノ解禁に伴う規制などを定めた実施法案)ができれば、年頃にはIRを部分的にオープンできる」とした上で、エンターテイメント産業を大阪の新しい産業の柱の1つとして、今後の経済成長につなげたいと強調した。 アデルソン氏は「ラスベガスはギャンブルで知られた街だ。しかし、現在、カジノ単体での収益は全体の30%を下回る」と述べる。そして、「 カジノリゾートは他の産業の創出に貢献できる 。今後の都市開発において、カジノリゾートは大きな役割を担うはず」と話した。 米カジノ王・アデルソン氏 「ベガスを変えた。シンガポールを変えた。次は日本だ」 佐藤 茂 [ジャーナリスト] Feb。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。