選択

世界のカジノスタイル

高収入バーデンバーデンのカジノ – 63782

Haven sie Apfel wein?

ギャンブルで勝つならこの国で!

ヨーロッパでは格式の高いカジノがあり、ネクタイ着用など服装が定められている「ドレスコード」を規定しているカジノが多く存在します。また、会員制と採用し格式を重んじたスタイルで運営し、特に高所得者層からの利用で、その地位を守っています。 アメリカなどに代表される、ショーエンターテイメントやコンベンションなどを複合した「テーマカジノ」ではなく、カジノギャンブリングだけの運営スタイルがヨーロッパ型の主な特徴といえます。 イギリスには軒のカジノがあり、他の諸国のカジノの多くは大都市から30km以上離れた場所にあるのに対して、イギリスのカジノは街の中心地にあります。 全てクラブ組織となっており、18歳以上限定の会員制で、入会申請後24時間待たなければならないクラブや、現地申込後48時間を経過しないと入場できないクラブなど、その規定は厳格であります。 またロンドンのクラブは年会費を2ポンドから25ポンド必要となりますが、地方都市のクラブは無料のところも多く存在しています。 クラブでのカジノは、アルコールの提供やショウなども禁止され、純粋にギャンブルだけを楽しむ場所として運営されている他に、ディーラーへのチップも禁止されていることもイギリスのクラブカジノの特徴といえます。 カ・ヴェンドラミン・カレルジ 年から営業している「世界最古のカジノ」のひとつとしても有名で、さらに音楽の教科書にも登場する世界的な作曲家であるワーグナーが亡くなった所としてもよく知られています。 この現代統合型リゾート(Integrated Resort)の先駆的な存在は、アメリカラスベガスがその代表格といえます。 「テーマカジノ」とは、建物全体やサービス演出にひとつのテーマコンセプトをつくり、カジノのみならずショーアップや遊園地・保養的サービス施設を付したリゾート施設と融合したエンターテイメント性の高いカジノでのリゾートを意味します。昨今の統合型リゾート(IR)のベースと言えるスタイルです。 カジノギャンブル自体では他社との差別化が図りづらく、カジノ利用動機が薄い利用者導引にも課題があることが、旧来のカジノビジネスの欠点でした。 IRスタイルは、エンターテイメントショーにより多くの顧客を集め、たとえエンターテイメントショーなどのサービス自体が赤字であっても、カジノギャンブルから収益でリゾート全体の利益をカバー出来るというビジネスモデルが一般化している。

カジノに特化し、格式も高いヨーロッパ型スモールカジノ

米国でギャンブルをして勝利した人は、税務書類に勝敗を記録し、勝利金の30%に課税されることは以前「 ラスベガスで得た勝利金に税金は? 」という記事で詳しくお伝えしましたね。 世界中のギャンブル税に関する法律は、すべて白黒はっきりしている訳ではありません。ギャンブルが職業となっている場合( プロギャンブラー )、またはギャンブルでの勝利金が主な収入源である場合は課税されることが多いようです。 オーストラリアでのギャンブルは遥か昔、最初の競馬公式会合がシドニーのハイドパークで行われた年に始まりました。そして年、最初の公式宝くじが発売。初の合法ポーカーマシンは年に導入され、今日、 ギャンブルはオーストラリアで人気の娯楽の1つ となっています。 オーストラリアでは オンラインカジノ 、ランドカジノにかかわらず、勝利金に税金は適用されません。ですがカジノのオペレーターは、ライセンス料と税金を支払わなければなりません。この税金は州の法律によって異なり、一部の州では売上高に対して、他の州では純利益に対して、もしくはプレイヤーの喪失額に基づいて課税されます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。