推奨事項

国際観光産業振興議員連盟

プレイヤーカジノ議連 – 6845

長谷川氏 ようやくか、という感想です。年に当時の石原都知事が東京お台場カジノ構想を立ち上げ、カジノは違法と言われていた頃からIR議員連盟(正式名称:国際観光産業振興議員連盟)が立ち上がり、議論は行われていたのです。

維新の党IR議連事務局長・石関貴史衆議院議員第4回「維新の党はチャレンジのための政党」

Home 最新情報 記事。 本法案は、単純賭博施設としてカジノが単体で存在することを予定せず、カジノを中核とした多様な機能を提供する統合型リゾート施設の導入を目指している。具体的には、本法案は、特定複合観光施設が、カジノ施設及び会議場施設、レクリエーション施設、展示施設、宿泊施設その他の観光の振興に寄与すると認められる施設を含むと規定している(第2条第1項 [1] )。

維新の党はチャレンジするための政党

IR推進法案や各地の誘致の動きから、エンターテイメントとしての魅力まで。 Integrated Resort(統合型リゾート)とは何か?を様々な角度から、専門記者がレポートしていきます。 by abema TV」のAJPCチャンネルで、ファイナルテーブル含め、各トーナメントのアーカイブが視聴できるようになっています。興味のある方はご覧になってくださいね。 「全日本ポーカー選手権」(AJPC)チャンネル FLESH! IR議連総会も開催されたことで、IR推進法案が秋の臨時国会で成立するのではないかという期待が高まってきているようです。なぜか私にまで問い合わせが頻繁に来るようになりました。IRの動きというのは、何も国会だけの動きではありません。今週末に私が注目している二つのイベントが開催されるので紹介したいと思います。  ひとつは23日の「全日本ポーカー選手権」(AJPC)。8月末の大阪予選、先月の東京予選には約2,人がエントリー。メイントーナメントを勝ち抜いた強豪が、13時から決勝ラウンドで激突します。22日13時からはシニアトーナメント、15時からレディーストーナメント、23日10時半からジュニアトーナメントを開催。すべての決勝ラウンドはインターネット「FRESH!

【ニュースレター】 IR推進法案 -- カジノを含む統合型リゾートの日本導入に向けた法案について

石関  私も国対で筆頭副委員長をやっていましたから、小沢先生と一緒にこの法案を進めました。自民党はやる気があったと思います。しかし結局こういうものも人によるんですね。国会でいうと衆参の担当委員会の理事を誰がやっているのかとか、そういう問題も審議の進捗に影響しますから、これによって進まなかったという一面も確かにあると思います。 石関  国会では衆参の委員会の理事をやっていれば、相当な発言力を持っています。もちろん理事全員を賛成派で埋めなければならないということではありませんが、仮に批判的な方がいたとしてもとにかくオープンな場で議論をする方向に持っていくことだ大事だと思います。IR推進法案を審議する前の段階ですったもんだを演じて、議論をするのかしないのか分からない状態が長く続いてしまったというのが、国会対策に携わった立場からの去年の通常国会におけるIR推進法案の実感です。どの党もいろいろな考え方の国会議員がいることは当然なんですが、態度をはっきりしてほしいということです。やらないならやらないで結構ですが、やるのかどうかあいまいな態度で引き延ばすことは良くありません。国会できちんと議論をしたうえで、国民の皆さんが良くないと言えばこれはしょうがないことです。今国会においても4月末になってようやく法案が提出されたのですから、速やかに審議が始められるべきですね。決められない政治という言葉がありますが、それぞれの党で態度をはっきり決めてほしいということです。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。