推奨事項

【簡単解説】カジノ法案が成立!IRの実態とメリット、デメリットとは?

メリットとデメフィリピンカジノ – 12388

フィリピン留学には費用が安い、マンツーマンレッスンが多いなど数多くのメリットがあります。このため、日本人、韓国人を中心に毎年10万人以上の外国人がフィリピンに英語を学びに来ています。(参考: フィリピン留学のメリット )。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

フィリピンへ進出した際のビジネス上のメリット&デメリットについて解説します。さらには、フィリピンに進出した日本企業の意図と最新の進出動向に加えて、フィリピン事業の成功のカギを握る、フィリピン進出を支援する海外進出サポート企業の探し方についてもレクチャーします。 かつてのマルコス政権下における、政情不安やクーデターを要因とする、「アジアの病人」という不名誉な名称はもはや過去のもの。年6月に第16代大統領に就任したドゥテルテ氏への注目度もさることながら、いまや「アジアの優等生」と称されるほどの経済成長を誇るフィリピン。 年には人口が1億人を突破しており、将来的な人口ボーナスのピークは年まで続くと予測されていることから、〝未来のASEANを牽引する経済大国〟という称号は、年を追うごとに現実味を帯びていると言っても過言ではありません。 本テキストでは、フィリピン進出におけるメリット・デメリットに加えて、日本企業を含む多くの外国企業が、積極的に資本を投下する理由についても詳しく解説していきます。 [PR] 3日間でまる分かり! 初めてのフィリピン視察【相談無料】。 フィリピンの人口は、年7月の境に1億人を突破。年のフィリピン国税調査によると、総人口は約1億万人。フィリピンの人口ボーナスのピークは年まで続くと予想されており、これはASEANの国の中でも最長です。経済面においても、長期的に内需をけん引役として、底堅い動きが続くと見られています。 人口ボーナスとは、生産年齢(15~64 歳)人口が総人口に占める割合を言いますが、この割合が高いと、労働力が豊富で消費や税収が増え、教育や医療、年金など社会福祉の負担が軽いことを意味します。さらに貯蓄率の上昇や投資の活発化することから、先述の人口ボーナス期と併せて、今後もフィリピンの経済成長は継続することは確実です。 さまざまなインフラのなかでも、現在フィリピンで問題視されているのは、劣悪な道路交通事情を要因とする物流インフラの脆弱さです。 インフラの未整備については、アジア各国に共通する問題のひとつですが、フィリピンの道路舗装率の低さは、インドやベトナム以下という調査もあり、マニラ市内においては、あまりもひどい交通渋滞による多大な経済損失が発生しているという報告もされています。 国内の海上交通の要であるマニラ港も、港に至るまでの高速道路の整備も不充分であり、港の周辺及びマニラ首都圏において、交通渋滞を緩和するために、港へのトラックの出入りが制限されているほど。 そもそもフィリピンにおいては、陸路こそがもっとも大きな輸送手段となっており、旅客輸送の約9割・貨物輸送の約5割を陸路がになっているにも関わらず、交通インフラの整備が遅れています。 鉄道も、フィリピン国有鉄道(PNR)と、マニラ首都圏の高架鉄道(LRTとMRT)が存在するのみとなっています。 現在のドゥテルテ政権においては、それらの脆弱な交通(物流)インフラを包括的に整備することが最重要課題のひとつとして挙げられています。 先述のように、ビジネス上の公用語として英語が使用されるということからも、雇用する側、あるいはビジネスパートナーとして見た場合、フィリピン人ワーカーの多くがグローバル人材であることは事実です。 しかし、国や文化が違えば、仕事に対する考え方も、いわゆる企業文化も異なりますし、もちろんフィリピンという国ならではの雇用法・労働法が存在します。 一般的に、日本人と比較しても、フィリピン人はプライドが高いとされており、お金にも細かく、自らの業務における労働時間と休日に関してもシビアです。 よって、人材マネージメントにおいては、仮にあるスタッフがミスを犯しても、それを人前で怒らない配慮が必要ですし、そもそもフィリピンの労働法では、企業側よりも従業員側に有利な規定となっているので、法定労働時間にも細心の注意が必要です。 また、決して一概には言えませんが、その就労意識においても、個々によってばらつきはあるものの、マネージメント側がしっかりと生産管理をしないと、目標を達成することが難しいケースも多々あります。 いずれにせよ、日本のワークスタイルをそのまま現地に適用するのではなく、あらゆるタスクにおいてローカライズを心がけるのが重要です。 そこで、ひとつの選択肢として浮かび上がってくるのが、「自社の海外事業における準備及びリサーチに必要なタスクを専門家にアウトソーシングする」ということです。 そもそもフィリピンに限らず、海外での拠点設立には専門的な知識が必要です。行いたい業務によって、法人登記が必要かどうか、営業ライセンスが必要かどうかも変わるからです。あるいは、現地での事業可能性を調査するためには、的確な市場調査や現地視察、テストマーケティングなどが必要になります。また、展示会への出展なども有効な手段です。事業計画立案のため、フィリピン進出専門のコンサルタントに相談するのもいいでしょう。 もちろん、その全てをアウトソーシングする必要はありません。これまでに培ってきた自社の強みは活かしつつ、知見が乏しい分野においては、その道のプロの専門家のサポートを受けるという選択も充分に効果的なのです。もし御社が初めてタイ進出に挑戦する段階であるならば、なおのことフィリピン専門の進出サポート企業の支援を検討することをオススメいたします。 そんなフィリピン専門の進出サポート企業を探す際に、もっとも手間のかからない方法は、やはりインターネット上のオンライン検索になります。ただ、先述したように、各進出サポート企業のHP上に記載している情報だけでは、なかなか判断に悩むところですし、それだけで決めてしまうのは早計です。 また、知人からの紹介といった探し方も有効ですが、自社の事業及び相談内容が、お知り合いの方のケースとぴったり一致することは難しいでしょうし、そのサポート企業の担当者との相性もあるでしょう。関係性が近いため、何かトラブルがあった場合、かえって断りにくい…というケースもあるかもしれません。 結局のところ、進出サポート企業を探すにあたっては、どんな選択をしたところでリスクは避けられません。だからこそ、1社だけに絞るのではなく、複数のサポート企業を「比較する」ことが重要なのです。オンライン検索でも知人の紹介でも、あるいは口コミでも、候補先の企業が選定できたら、まずは「問い合わせ」をすることが大切です。 自社の海外事業について、その道の専門家と話をするだけでも、新たな気づきがあるはずです。仮に具体的なソリューションの提案にまでは至らなくても、それは御社の事業にとって、とても大きな一歩なのです。

▼ フィリピン進出のメリット・デメリット|日本企業の意図・進出動向は?

そこで日本でも財政難の改善やインバウンド誘致を目的として、カジノ統合型リゾート IR の建設に取り組もうとしています。 実際にシンガポールでは、マリーナ・ベイ・サンズなどIR施設とともに治療施設「NAMS 国家依存症管理サービス機構 」を作り、ギャンブル依存症の患者を減らすことに成功しています。

治安が良くて、穏やかな人が集まる都市イロイロ

そこでおすすめしたいのが、フィリピン中部にある「 イロイロ 」です。イロイロは「 大学が集まる学園都市 」「 治安が良くて物価が安い 」などのメリットがあり、長期留学に向いています。 必要なものがすぐに購入でき、不便を感じることなく生活が可能です。 イロイロの治安は大丈夫?現地のトラブル事例から危険な目に遭わないためのポイントまで紹介。 フィリピン留学はマンツーマンのため、多くの学校で1人1人に合わせたカリキュラムを提供しています。中でもイロイロは、 個人の希望を聞き入れてくれやすい ことが特徴です。

メリットとデメフィリピンカジノ – 32122

地元の人は地元の言葉

旧ポルトガル領マカオは今や世界最大のカジノ都市。主に、大金を賭ける中国人VIPの投資を支えに、米ラスベガス・ストリップ(Las Vegas Strip)の6倍以上の収益を生み出している。12年の収益は、中国の経済成長が鈍化した影響で前の年から伸びが鈍化したものの、過去最高の億ドル(約3兆億円)を記録した。フィリピンとベトナムも巨大リゾート施設建設でアジア地域の市場シェア獲得をもくろんでいる。 米カジノホテルチェーン、シーザーズ・エンターテインメントの国際部長、スティーブン・タイト氏は、大都市から北海道の山間の温泉地まで、日本中どこにでもカジノホテルを運営することができると話す。そのシーザーズの幹部がすでに釧路市を訪問。カジノ建設の可能性を探った。 (中略) オーストリアを拠点とするカジノ・オーストリアは、小樽などでのカジノ運営に興味を示している。小樽市には年間700万人の観光客が訪れるが、ほとんどが日帰りだ。小樽市の中松義治市長は、カジノが誘致されれば観光客は宿泊も兼ねるようになり、彼らが小樽市に落とすカネも、大幅に増えるだろうと期待する。小樽市の人口の約三割が65歳以上と、北海道の中でも高齢化比率は高い。カジノが観光を盛り上げてくれれば街の活性化につながると、同市長はみている。 (中略) 今や九州を代表する観光地となったハウステンボスは、すでにエンターテーメント施設やホテル、レストランなどがそろっている。土地の買収からIRの建設をするより、低いコストで複合施設を完成させることができることを強みとして、市や商工会議所が一枚岩となり誘致をアピールしている。統合型リゾート建設に向けて活動する西九州統合型リゾート研究会には、長崎県の中村法道知事も特別顧問として参画している。 筆者が分かりやすく必要部分のみ引用 アメリカ 1。 安倍政権が成長戦略の素案で「検討する」とうたったのに続き、自民、維新、生活の3党による法案が衆議院で審議され、次の国会へ引き継がれた。 結論を先に言いたい。カジノ解禁には反対だ。利点より弊害のほうが大きいと考える。 まず、不正な資金の洗浄(マネーロンダリング)に使われる懸念である。暴力団など国内外の反社会的勢力に利用されることを防げるのか。 All About「カジノ合法化についての大きな誤解」によれば、カジノを合法化すると、ギャンブル関係の法律が全体的に整備され、事業者にはギャンブル依存症対策も義務づけられる為、カジノの合法化とは、単にカジノを解禁するのではなく、日本のギャンブル行政を根本から整備し、問題に対応する制度を作るものであるとしています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。