特徴

SPモード コンテンツ決済サービス

決済サービスフリープレイモード – 4829

dアカウントがあれば利用でき、ドコモ回線の契約がなくても利用できるのが「ドコモ払い」(旧ドコモ ケータイ払い)との大きな違いだ。支払い金額円につきdポイントを1ポイントためられる。d払いに対応したECサイトでの支払い時には、円につき1ポイントがたまる。

spモード コンテンツ決済サービスとは

スマートフォンでのdメニュー掲載コンテンツ、Google Play TM 、App Store、Apple Music、iBooks、iTunes、iCloudより購入したコンテンツ代金を、ドコモの毎月のケータイ料金と一緒にお支払いいただけるサービスです。 My docomo(マイドコモ)。 設定可能ご利用限度額は、ドコモの決済サービスにおいて毎月ご利用になれる金額の上限額です。 お客さまのご契約状況、ご利用状況やお支払い状況などに応じてドコモが設定いたします。初期設定は1万円(税込)となります。

お探しの情報は見つかりましたか?

NTTドコモ、Google Playストアにおける「spモード コンテンツ決済サービス」で年額課金も利用可能に!利用履歴の表示も変更。 カテゴリ NTTドコモ Android。 コメント 0 トラックバック 0 Check。

新Kyash Card開封!有効化・ApplePay登録 ①クレジット②QUICPay③Visaタッチ決済実践動画

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。