特徴

オンラインで賭け麻雀?合法ライセンス取得のDORA麻雀なら安心!

オンライン麻雀カジノウィーン – 38920

bwin とは、サッカーをはじめとするスポーツの賭けやオンラインカジノを運営している大手ブックメーカーです。bwinは、ビーウィン・パーティー・デジタル・エンターテインメントの略で年に大手ブックメーカーPartyPoker。

「オンラインカジノニュース 」カテゴリ記事一覧

カテゴリ2の固定表示スペース カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。 テンプレート使用時に削除してください 。 われポンと言えば、今のようにブレイクする前の坂上忍も参加し、 その麻雀の強さをお茶の間に届けていた深夜に放送されている人気番組。 そんなわれポンこと「THEわれめDEポン」に、ビートたけしが参戦することで、話題を集めています。 放送日は、27日深夜(0時~午前6時予定)。 さらには、生放送のようなので、どのような波乱が巻き起こるのか? 麻雀だけではなく気になるところですね。 また、われポンを観戦していると、ついつい麻雀を打ちたくなるものですが、 オンライン麻雀のDORA麻雀では、実際にお金を賭けて遊ぶことが出来ます。 実際にお金を賭けて遊ぶため、真剣勝負で遊ぶことが出来るので、ただのポイントが移動するだけのゲームでは経験できない本来の麻雀の勝負ができます。 ぜひ、われポンの勝負に熱くなったら、熱い真剣勝負をDORA麻雀で戦ってみてはいかがでしょうか? オンラインカジノで遊んでみたいけど、日本では賭博は禁止されているし、トラブルは困る…。 初めての方は特に、インターネットで実際にお金を賭けて遊ぶオンラインカジノには、ちょっとした不安があると思います。 そこで、実際に日本ではどういった解釈がされているのか、何人かの弁護士に日本国内で海外のオンラインカジノで遊ぶことが違法行為であるのか見解を確認してみました。 「オンラインカジノに関しては、明確に規定した法律はなく判例もまだ出ていません。」 日本の法律ではこのような認識のようです。 現行の法律で気になるところは、刑法条(賭博)、刑法条1項(常習賭博)ですが、賭博罪には国外犯罪処罰規定がないので、国外のカジノやサーバーがその国の営業許可を得ているか否かに関わらず、日本の刑法によって処罰されることはありません。 日本の賭博罪は、必要的共犯または対向犯で成立するため、賭ける側(プレイヤー)と賭けさせる側(オンラインカジノ経営側)を同時に立件しなければなりません。 オンラインカジノでは、サーバーが海外にあるので、海外のサーバーに日本からアクセスしてゲームを行います。 例えば、ラスベガスやマカオ、お隣りの韓国など、世界近隣諸国にはカジノはたくさんあります。 私たち日本人が外国に遊びにいってカジノで遊んでも罪に問われることはありません。 むしろ、ラスベガスやマカオの海外ツアーの中にはカジノツアーなどが組まれているくらいですから。 上記の理由から、現法ではオンラインカジノで罪に問われることはありませんので、安心して楽しんでくださいね!! 続きを読む。 インラインフレーム(iframe)対応ブラウザでご覧ください。もしくは コチラ。 ワイルドジャングルカジノ 4。

DORA麻雀について

ですが、海外のカジノに行って日本人がプレイしても逮捕されることはありません。 それと同じような考え方で、海外で合法で運営されているサイトで日本人が遊んでも、現在の法律では裁くことができない。というのが現状です。 つまり、 違法とも合法とも言えない「グレーゾーン」 という表現になります。 上記の点を踏まえると、現在の状況において注目すべき ポイントは「DORA麻雀自体が合法的に運営されているか」という点 になります。 DORA麻雀はマン島政府が発行したライセンスを取得して運営されています。 DORA麻雀で賭け麻雀をするということは、 正式な合法ライセンスで運営されているサイト でプレイすることになります。 その為、 現時点でDORA麻雀でのプレイは違法とは言えない。 ということになります。 ただ、将来的にオンラインでのギャンブルに対する法律が整備される可能性もありますので、最新の情報は常にチェックしておきましょう。 ライセンスを取得していたとしても、DORA麻雀側が有利になるような設定がサイトにされていたり、イカサマや詐欺について心配される方もおられるでしょう。 DORA麻雀の安全対策をしっかりとチェック しておきましょう。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。