特徴

カジノのどこが悪いのか?「横須賀カジノクルーズ」提唱者が問う―小林伸行 市議 - 政治・選挙プラットフォーム【政治山】

日本の法案ドイツのカジノ情報 – 13353

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

IRに関する有識者で構成される特定複合観光施設区域整備推進会議(通称、「IR推進会議」)は、平成29 年7月31 日に内閣総理大臣に対して議論内容を「特定複合観光施設区域整備推進会議取りまとめ~「観光先進国」の実現に向けて~」(以下、「IR推進会議取りまとめ」)として会議の報告書を提出しました。IR推進会議取りまとめは、IR設置に必要となる法制上の措置(いわゆる「IR実施法案」)の骨格となる内容です。本稿ではIR推進会議取りまとめの概要を解説します。 日本において想定される統合型リゾート(IR:Integrated Resort)ビジネスの理解を深めていただくため、年11月に国際観光産業振興議員連盟(IR議連)が公開した「特定複合観光施設区域整備法案(仮称)~IR実施法案~に関する基本的な考え方(案)」、及び12月に提出された「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」の概要を説明します。 成長戦略の一つとして注目を集めている統合型リゾート(IR:Integrated Resort)について、世界各地域のゲーミング(カジノ)市場の概況と、主要なIR施設についてご説明いたします。 本稿では、IR事業 カジノ事業)におけるリスクマネジメントの必要性とIR事業に特有なリスクの概要及び今後、IR事業への参入を検討する企業におけるリスクマネジメントの進め方を解説します。

日本カジノ健康保養学会の中西代表がIR議連へスイス・カジノ依存症対策の資料を提供

スイスでは従来、法によりカジノ設置が禁止されていたが、年に禁止条項を撤廃。年に詳細な規制を定めたCasinos Act(カジノ法)が施行され、年に最初のカジノが設置されている。グランカジノ(大型カジノ)とスパカジノ(温泉併設カジノ)の2類型で19のカジノが当初設置された。今回訳出された「スイスにおけるギャンブル依存症」報告書はスイス連邦ゲーミング委員会とスイス連邦法務局が国内の労働社会政策研究所へ委託したもので、年に発表されたものだ。それによると、スイス国内におけるギャンブルの収益とコストをそれぞれ金額ベースで明確化して比較すると、ギャンブルがもたらす収益はコストの約7倍と算出されている。ただし、ここでの収益には連邦政府・州政府への税収および社会還元・社会保障への充当額で経済波及効果等は含まれず、コストについても治療コストやギャンブルを直接的原因とした負債などを合算したものとしている。 諸外国のカジノでは「レスポンシブル・ゲーミング」(Responsible Gaming・責任ある賭博)として、事業者が自らの責任をもって独自に社会的コストの緩和策を策定・実施することが通例となっており、これと同様の概念は日本国内のギャンブル産業には存在しない。「グランカジノ・ルツェルンのゲーミング戦略」はルツェルンのカジノで実際に行われている具体策をまとめたもので、主にギャンブル依存症の防止を主眼として現地の大学の協力を得て実施されている。この中では顧客がギャンブル依存症に陥ることを防止するために、顧客の来店記録等に基づいて依存症リスクのある顧客の早期に発見し、入場禁止措置などの制限を行う。そのほか予防策としてエントランス付近にギャンブル依存症の啓発のためにパンフレットを置き、その中には相談ホットライン等の案内なども記載されている。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。