遠足

フェデックスカッププレーオフのルール変更、ポイントに応じてハンデ

勝者ランキングドルボーナスチャンス – 45784

テレビなどで PGA ツアーの試合を見ている人なら フェデックスカップと フェデックスポイントの話は よく耳にするだろうから 大体 それが どんなものかは ご存知だろうが ザッと説明すると フェデックスカップは 物流サービス大手のフェデラルエクスプレス社が スポンサーになって 年から行われるようになった 米国男子ゴルフツアー PGA のシーズンチャンピョンを決めると同時に 各選手のそのシーズンのパフォーマンスと成績を決める戦いでもある。シーズンを通して 所謂 フェデックスポイントの争奪戦を行い、その獲得ポイントの上位 名の選手には 来シーズンのシード権とプレーオフへの出場資格が与えられる。そのシーズンエンドに行われる 4試合 年からは 3試合 から成るプレーオフシリーズの戦い 及び その最終戦となる ツアー選手権 Tour Championship が終わると年間チャンピョンが決まると言うものだが、そのプレーオフと最終戦の試合のフォーマットと賞金が 年から大幅に変更された。

日本人の為のオンラインカジノ【JOC】

新規登録 ログイン 初めての方へ FAQ。 今年から米女子ツアーでもポイント制の新システムが採用され、勝者に万ドル(約1億万円)のビッグなボーナスが支給されることがわかった。  米男子ツアーではフェデックスカップのポイントランク1位、つまり年間王者に輝いた選手が1,万ドル(約10億4,万円)のボーナスを獲得するシステムが確立されているが、LPGAもそれに似た『レース・トゥ・CMEグローブ』を採用することが現地時間8日、明らかに。年間を通じて成績に応じたポイントが振り分けられ、優勝者には万ドルのボーナスが与えられる。  同ツアーは今月23日からピュアシルク・バハマLPGAクラシック(バハマ、オーシャンクラブGC)で年シーズンが幕を開けるが、そこから最終戦の1つ前ロレーナ・オチョア招待(11月13~16日/メキシコ)までの各試合で優勝者はポイントを獲得。メジャー大会はポイントが25%アップのポイントとなり、予選を通過した選手には成績に応じたポイントが加算される。  そして最終戦のCMEグループ・ツアー選手権でいよいよ年間女王が決定する。同大会にはレース・トゥ・CMEグローブのポイントランク上位72名とツアー優勝者を加えた面々が出場。チャンスを広げるため、最終戦前にいったん獲得ポイントが順位に応じてリセットされるがその詳細はまだわかっていない。  いずれにせよ通常の賞金とは別に万ドルのボーナスが支給されるとなれば選手たちの目の色が変わるのは必至。ここ数年不況の波をかぶり冷え込んでいたLPGAツアー市場だが今季は昨年比3試合増の32試合を開催するなど追い風が吹いている。新システムの採用はダブル宮里(藍、美香)をはじめ、有村智恵、上原彩子、野村敏京の常連組にとってまたひとつやる気に火をつけるニュースと言えそうだ。 関連リンク 米国女子 年スケジュールはこちら 日本人女子2人目のメジャー優勝者は出るか? I。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。