ユーロスタンダード

ロサンゼルス近郊のカジノ

で過ごす夜日本版カジノ – 9088

日中のラスベガスも 観光 やショッピングなど楽しめることに欠きませんが、ラスベガスは 夜こそ外出をおすすめしたい 場所です!

カジノ、日本人は現金のみ=依存症対策に入場制限-IR制度で大枠・政府

政府は31日、カジノを含む統合型リゾート(IR)の制度の大枠をまとめた。一つの区域にカジノ、ホテルなど中核施設を整備し、訪日外国人観光客の増加と滞在型観光の推進を目指す。ギャンブル依存症対策として、カジノ施設ではフロア面積に上限を設けるほか、日本人利用客を対象に入場回数を制限し、クレジットカードの利用を認めず現金のみとすることなどを盛り込んだ。  政府は、今秋の臨時国会にIR実施法案を提出する方針。  大枠によると、IR区域にはカジノ、ホテルのほか国際会議場・展示場、美術館などレクリエーション施設、国内旅行の提案施設を必ず整備する。IRの利用客が日中は観光や会議への出席、夜はカジノで過ごすことを想定している。  認定数に上限を設定した上で国土交通相がIR区域を認定し、整備計画を策定する都道府県、政令市とIR事業者を監督する。カジノについては、強い権限を持つ3条委員会として「カジノ管理委員会」を内閣府の外局に設置。免許付与、調査、違反者への行政処分などを担う。  日本人利用客の入場回数は、マイナンバーカードの提示を義務付けて確認。上限を超えた場合は入場を認めない。20歳未満は入場を禁止。外国人旅行客以外の利用客からは、地域活性化などの公益に活用するため入場料を徴収する。  カジノで使用するチップは、現金でのみ購入可能で、カジノ施設内への現金自動預払機(ATM)の設置は禁止する。外国人はクレジットカードを使用できる。 与党が合意したカジノ規制の内容 統合型リゾート誘致の動きがある主な自治体 カジノ規制をめぐる自公案 訪日外国人数の推移。 国際 政治・行政 経済 社会 スポーツ。

モロンゴ・カジノ・リゾート&スパ / Morongo Casino Resort & Spa(地図B)

現在、急速な勢いで成長しているインディアンカジノ。スパやエンターテインメント設備が整ったカジノも続出している。ラスベガスのカジノに比べ、気軽で身近なところも魅力の1つ。ロサンゼルス近郊の人気カジノを紹介します。 (ライトハウス・ロサンゼルス版 年6月1日号掲載)。 インディアンカジノに行ったらぜひ利用したいのがメンバーシップカード。モロンゴのみならず、他のカジノでも提供されているお得なカードだ。モロンゴの「Morongo Winners Club」の場合、入会は無料、IDカードを見せて18歳以上であることが認められればOK。スロットマシンで点得るごとに5ドルのキャッシュバック、ギフトショップでの買い物が10%オフ、ホテル内のレストランでの食事が5ドルオフとなる他、キャンペーンの案内や特別イベントへの招待なども送られてくる。 リーウェイ15号線をテメキュラよりさらに南下、ハイウェイ76号線を7マイルほど東に入ると、パラ・カジノ・スパ・リゾートにたどり着く。ゲームマシンが台、ゲームテーブル85台、8つのレストランを有している。このカジノは常に最新機器が並び、人気の的となっている。 宿泊施設の方は、の部屋がそれぞれゆったりとした空間を確保、大型テレビ、ハイスピードインターネットが設置され、ジャグジーのついたバスルームの窓からは、パロマー山脈が一望できる。レストランは、ステーキハウスの「The Oak Room」、種類ものアイテムが並ぶ「The Terrace Buffet」、アジアの料理を一堂に集めた「Noodles」など多彩な顔ぶれ。 また、窓からの眺めも素晴らしい「Pala Spa」は、2つのカップルスイートを含む14のトリートメントルームを有し、タイマッサージやフレンチラベンダーのバスタブなどでもてなしてくれる。落ち着いた雰囲気の地元のカジノといった感じ。気負わずに、気晴らしに出かけたい。 com ゲームマシン:台 ゲームテーブル:台 レストラン/バー。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。