ユーロスタンダード

オンラインカジノの基礎知識

ギャンブアイウォレットスロット – 11312

アイウォレットは年に設立された比較的新しい企業が運営していますが、対応しているオンラインカジノの数も続々と増えてきています。 Neteller(ネッテラー)がギャンブル目的とした決済サービスに利用できなくなってから(年9月15日~)対応するオンラインカジノが増え、今ではオンラインカジノユーザーに広く普及しています。

アイウォレット / iWallet 手数料一覧

更新日: 年6月13日。 アイウォレット iWallet は、年に iWallet Limited という香港企業が設立し、現在EU、フィリピン、香港で総勢20名のスタッフが勤務しているとホームページには記載されています。 また気になる点としては、以前のホームぺージの企業情報には、iWallet Limited という香港企業で、設立した日本人がCEOとして記載されてました。現在、ホームページの企業情報は IWALLET SYSTEM EU LTD。

高セキュリティで安全かつ簡単に口座開設できる!

アイウォレットの口座開設は、本人確認書類の提出が無い、一般会員であれば、3分もあれば口座開設ができてしまいます。 登録者自身が申請したメールアドレスと、個人情報のみの登録という簡単な情報のみの開設なので、使える上限が約ドルと決まっていますが、とりあえずすぐ使いたいという場合に重宝されています。 口座開設済みであれば、誰でも申し込むことができるのが、ATMで資金の入出金ができるプリペイドカード。 アイウォレットは、VISAやMASTERといったカード会社と提携し、各居住地域に応じたカードを発行しています。 1回の引き出し上限や手数料の高さはネックではありますが、オンラインペイメントを使う上では必須の一枚です。 エコペイズほどではありませんが、徐々に取扱されているカジノが増加して、どんどん使いやすくなっているアイウォレット。 遊んでいる複数のカジノからの出金をアイウォレットにまとめれば、最後の引き出し時の手数料を安く抑える事ができます。 アイウォレットの口座開設方法 まずは口座開設ページを開きます。 アイウォレットのウェブサイトにアクセス後、右上にあるピンク色のボタンから「新規口座開設」を選択。 先程の新規口座登録で、口座作成はできていますが、これだけでは、HKD8,(USD1,相当)しか利用する事ができません。 この上限金額では、使い物にならないので、本人確認情報(KYC書類)を提出して、口座の利用上限をエグゼクティブ会員にアップグレードする必要があります。 KYC書類とは、本人確認書類と住所証明書類の事になります。 一般的には、以下を提出すれば問題ありません。

ギャンブアイウォレットスロット – 40898

日本人の為のオンラインカジノ【JOC】

更新日: 年6月5日。 まず、オンラインカジノ運営は違法なのかです。 オンラインカジノは、海外企業がその国から認可を受けて、オンライン上で運営していて、プレイヤーは運営国のゲームサーバーにアクセスして遊んでいるかたちです。この場合、オンラインカジノ運営会社は、その国の法律にもとづいて、その国で営業しているので、違法性はありません。 では、日本からアクセスして賭けをしているプレイヤーはどうでしょう。 日本の法律では「賭博をおこなうこと」も禁止されているので、違法にみえます。ただ、日本の賭博罪というものは「対向犯」といわれ、対向する存在どちらも裁ける状況が必要とされています。そうなるとオンラインカジノの場合、運営側に違法性がない以上、プレイヤーだけを裁くことは出来ないことになります。 オンラインカジノなんて、基本的に勝てないと思っているかたもいると思います。 もちろんギャンブルですので、かならず勝てるというものではありません。ただ、世にあるギャンブルの中で一番勝率が高いのが「オンラインカジノ」なのは間違いありません。 安全で健全なオンラインカジノかを判断するポイントはいくつかあります。 ゲーミングライセンスを取得しているか、運営会社はどんな会社か、第三者機関からチェックを受けているか、決済サービスは充実しているかなどで見るポイントはいくつもあります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。